2014年07月30日

土用丑の日 うのつくもの


土用の丑の日に鰻を食べたのは江戸時代から。江戸前といえば鰻だった ...
当時は、土用の丑の日に「う」の付くものを食べると夏負けしないと言われていて、ウリや梅干し、卯の花などが食べられていた。そこに「う」の付く鰻を食べさせる店の戸口に「本日土用丑の日」と張り出したので、大ヒットしたというのだ。これに ...(続きを読む)


土用の丑の日にウナギを食べるのはなぜですか?
土用の丑の日にウナギを食べるのはなぜですか?(続きを読む)

丑・寅の人はうなぎを食べないのはなぜ
土用の丑にうなぎをと言う平賀源内が、なぜ丑の日を選んだのでしょうか? また丑・寅の人はうなぎを食べないのはなぜ?(続きを読む)


【オレンジ世代の健康歳時記】土用の丑の日 上手にスタミナ補給
‎2014年7月28日‎
今年も、夏の土用の丑の日がやってきました。蘭学者の平賀源内が、夏場に鰻が売れないと鰻屋に相談され、「本日、土用丑の日」と張り紙をしたところ、大繁盛したことがきっかけで、土用の丑の日に鰻を食べるようになったと言われています。 土用に「う」のつくものを食べると (続きを読む)





posted by さとみ at 20:02| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。